新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

押忍!サラリーマン番長3 謎仁王門と引き戻し当選率

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチスロ サラリーマン番長3 仁王門突入

パチスロ「押忍!サラリーマン番長(番長3)」の謎仁王門突入率とAT後の仁王門当選率についての解析情報です!

導入から約1ヶ月が経ち、重要な解析も除々に出てきてますね^^

仁王門のメインの突入契機は『押忍ベル』との解析は以前から出ていましたが、強烈な設定差が付けられているのが『1枚役』から突入となる謎仁王門!!

謎仁王門については現状は実戦値での情報ではありますが、間違いなく設定差が大きい部分なので設定狙いの際には押忍ベル以外での仁王門突入にも注目しておきましょう!

      <--スポンサード リンク-->

謎仁王門当選率(※実戦値)

実戦値での1枚役からの謎仁王門当選率なんですが、下記の通りとなっているようです。

設定1・・・1/21680.00
設定2・・・1/54200.00
設定3・・・1/13550.00
設定4・・・1/7226.67
設定5・・・1/8338.46
設定6・・・1/3284.85

 

実戦値ということで設定によって数値には大きなブレもありそうですが、それでも低設定と高設定では顕著な差が出ていますね(゜□゜;!!

低設定では終日打ち込んでも謎仁王門当選は難しそうな反面、設定6の謎仁王門当選値は実戦値では1/3284.85

当然振り分けがある以上、薄い所を引き当てれば設定1でも当選することはありますが、1枚役絡みの仁王門に1度でも当選すれば高設定に期待が持てますね^^

設定狙いでは現状出ている設定判別要素に加えて、謎仁王門当選率も参考にして打っていきましょう!

押忍!サラリーマン番長3 追加設定差要素(※9/20)
また参考までに『押忍ベル』絡みの仁王門当選率(実戦値)も挙げておくと、

設定1・・・1/1567.12
設定2・・・1/1623.66
設定3・・・1/1494.57
設定4・・・1/1157.23
設定5・・・1/1404.44
設定6・・・1/1053.33

 

となったようです。

謎仁王門ほど強烈な設定差はないようですが、押忍ベルからの仁王門当選もあわせてチェックしておきましょう^^

AT終了時の仁王門(引き戻し)抽選

導入直後には設定差があると言われていたAT終了後の仁王門当選に関しては設定差がなく一律25%で仁王門に突入となるようです(^_^;)

また引き戻し時には残り漢気ポイントが多いほど猛仁王門当選率がアップするという特徴があるようですね。

そしてATがセット数、あるいは仁王門での引き戻しが3連or4連した場合は一律25%の仁王門抽選に加え、25%で操エンディングが発生となるようです(・∀・)

ATが5連した場合は100%操エンディングが発生となるようなんですが、前兆を経由してのAT引き戻しに関してはセット数連チャンとしてはカウントされないとのことなんで、かなり敷居は高そうですね(;´∀`)
実戦報告を聞いた限りでは操エンディング発生後は青頂ラッシュ突入が濃厚となるようですが、他にも恩恵がある可能性もあるんで今後の解析情報が気になる所ですねー≧▽≦

まあ操を見れただけでも超感動すると思いますが(笑)

・操エンディングについての情報はこちら⇒押忍!サラリーマン番長(番長3) 操登場条件は??

AT後の仁王門突入率には設定差はなかったですが、前兆を経由してのAT引き戻しに関しては設定差がしっかりと付けられていると思われるので、設定判別要素としてチェックをするのであればそちらをチェックしていきましょう!

<天井狙い目・やめどき攻略>
・押忍!サラリーマン番長(番長3) 天井恩恵と狙い目・ヤメ時

<解析まとめ・記事一覧>
・押忍!サラリーマン番長3【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


スロット新台導入日(修正版) スロット 北斗の拳 新伝説創造 総まとめ スロット 聖闘士星矢4 海皇覚醒 総まとめ スロット ラグナロクサーガ 総まとめ スロット ガールフレンド(仮) 総まとめ 設定推測ツール スロット 花の慶次4 天を穿つ戦槍 総まとめ スロット バイオハザード リベレーションズ 総まとめ スロット カンフーレディドラゴン 総まとめ スロット 政宗2 総まとめ スロット 仮面ライダーBLACK 総まとめ スロット シンデレラブレイド3 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ