新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

蒼天の拳2 132Gゾーン内解除確定演出

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチスロ 蒼天の拳2 拳志郎勝利

パチスロ「蒼天の拳2」の132Gゾーン内での解除確定演出についてです。

・・・今更感はある解析情報ですが(爆)

今回の演出は至ってシンプルでAT終了後から通常時に戻った際のステージに注目してください!

AT終了後のステージ選択率は内部状態と次回の解除ゲーム数によって変化するようで、天国示唆ステージとなる『あの』ステージに移行した場合は132Gゾーン内でのゲーム数解除が確定となります!

※追記:スルーしたという情報も頂いたため【確定⇒濃厚】演出としておきます。

<--スポンサード リンク-->

AT終了後のステージ選択率

まずAT終了後に132G以内に解除が確定している場合のステージ選択率なんですが、下記の通りとなります。

<解除ゲーム数132G以内時のAT終了後ステージ選択率>

ステージ 低確 通常 天国
拳志郎 71.01% 71.01% 63.38%
玉玲 22.89% 22.89% 30.52%
紅華会 6.10% 6.10% 6.10%

 

132G以内に解除が確定している場合はどのステージにも移行する可能性があるんですが、これだけでは132G以内の解除の有無は分かりませんね(笑)
今回注目すべきは解除ゲーム数が133G以上が選択された場合のAT終了後ステージ選択率で、振り分けは下記の通りとなります!

<解除ゲーム数133G以上時のAT終了後ステージ選択率>

ステージ 低確 通常 天国
拳志郎 90.84% 81.69% 69.48%
玉玲 9.16% 18.31% 30.52%
紅華会

 

見ての通り解除ゲーム数133G以上が選択された場合はAT終了後『紅華会』ステージに移行することがありません(゜□゜!!

というワケでAT終了後に紅華会ステージスタートだった場合は必ず132Gまではフォロー!

この解析が出るまでは紅華会ステージであっても内部状態のみを確認してヤメってパターンで立ち回っていた場合もありそうですね(^_^;)
また内部状態に関しては上位であるほど『玉玲』ステージスタートとなりやすく、『拳志郎』ステージは最も期待ができないという特徴もありますね(・∀・)

とは言え設定1のAT後の天国移行率は10%となっていますし、玉玲ステージであっても他天国示唆演出がなければフォローする旨みは全くないと思いますけどね><

ただ今回の解析に関連した一部の情報では、AT後紅華会ステージへ移行した場合でも132Gをスルーしたという情報を見かけたのが気になる所ではありますが(苦笑)

蒼天の拳2と言えば『宿命の刻』赤オーラは引き分け以上確定と言われていますが、敗北したとの報告も聞いているので、薄い振り分けで解除ゲーム数133G以上の場合でも紅華会ステージが選択されることもあるのかもしれません(;´∀`)

まあかなり薄い振り分けだとは思うので、それがAT終了後紅華会ステージに移行した場合に132Gまでフォローしない理由にはなりませんけどね^^

AT終了後即ヤメという条件であれば、空き台の滞在ステージもチェックしてみてもいいかもしれません(・∀・)

<天井狙い目・やめどき攻略>
・蒼天の拳2 天井恩恵解析と狙い目・やめ時

<全記事一覧>
・パチスロ蒼天の拳2 記事一覧

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


2018年のスロット新台導入日 スロット コードギアスR2 CCバージョン 総まとめ スロット 南国物語Aタイプ 総まとめ スロット エヴァンゲリオン ドキドキ400ver 総まとめ スロット 烈火の炎 総まとめ スロット エヴァンゲリオン まごころを君に2(新台)総まとめ スロット 乙女マスターズ 総まとめ スロット 戦場のヴァルキュリア 総まとめ スロットGATE 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

2 Responses to “蒼天の拳2 132Gゾーン内解除確定演出”

  1. ケイジ より:

    確定じゃないですよ僕スルーしましたよ

    • さとる より:

      コメントありがとうございます。

      本文内でも触れているのですが、「宿命の刻」赤オーラで敗北することがあるように薄い振り分けでスルーすることがあるのかもしれません。

      それでもAT後に紅華会ステージスタートだった場合には迷わず132Gまではフォローするべきでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ