新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

バーチャファイター ゾーン狙い目はバトル回数を参考に!

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチスロ バーチャファイター 02©TAIYO ELEC

パチスロ「バーチャファイター」は導入前は正確な周期の確認が不可能と思われていましたが、筐体メニューにてボーナス(AT)後のチャレンジャーバトル突入回数が確認可能となっていますよね^^

そして5回目・10回目のチャレンジャーバトルで勝利できなかった場合はCZ「J6研究所」に必ず突入!

ちなみにそれ以外の回数では50%でCZへ突入するということなんですが、今回はそれらの突入率とAT当選期待度からゾーン狙い目をつけてみたいと思います!!

      <--スポンサード リンク-->

バトル後のCZ突入率

バトル5回目・10回目以外のCZ振り分けと5回目・10回目のCZ突入振り分けは下記の通りとなります。

<バトル5回目・10回目以外のCZ突入率>
研究所ノーマル・・・45.00%

研究所ハイパー・・・5.00%

トータル突入率・・・50.00%
<バトル5回目・10回目のCZ突入率>
研究所ノーマル・・・90.00%

研究所ハイパー・・・10.00%

トータル突入率・・・100%

 

研究所ノーマルのAT期待度は約40%、研究所ハイパーだと約75%

この数値を参考にしてバトル5回目・10回目以外のCZからのAT当選期待度を算出してみると約21.75%、バトル5回目・10回目のCZからのAT当選期待度は約43.50%となります。

ゾーン狙い目

ゾーン狙いをするんであればここからさらに平均消化ゲーム数を考慮して狙い目を付けていけばいいんですが、CZ「J6研究所」は最大25G継続という点には注意しなくてはいけませんね><

また通常時の日数減算抽選とチャレンジャーバトル自体のAT期待度も考慮する必要があります。

ただチャレンジャーバトルの勝利期待度は現在不明となっており、元々ゾーン狙いは大きな期待値は取れないので、今回はゾーン狙い目も無難そうなラインでつけておきます。
ゾーン狙い目としてはAT後にチャレンジャーバトルに4回突入している台を残り60日以内から、それ以外の場合は残り20日以内の台があれば狙っていこうと思います!

まあ後者の場合はよっぽど空き台にはならないとは思うので、前者のパターンを狙っていくことになりますね^^

10回目のチャレンジャーバトル後も5回目と同様の狙い方ができますが、この場合は天井まで打ち切りの形で問題ないでしょう!

※天井は15回目のチャレンジャーバトルで必ず勝利。

・バーチャファイター 天井恩恵と狙い目・ヤメ時

僕の通うホールでは思っていたより導入台数も多かったし、空き台の履歴はちょくちょくチェックしてみようと思います。

<全記事一覧>
・パチスロ バーチャファイター 記事一覧

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


4月17日スロットベスト10 スロット 逆転裁判 総まとめ スロット タイムクロス2 総まとめ スロット ラストエグザイル 総まとめ スロット 黒神 総まとめ 設定推測ツール スロット 賞金首2 総まとめ スロット ツインエンジェル4 BREAK 総まとめ スロット テイルズオブシンフォニア 総まとめ スロット リング2 終焉ノ刻 総まとめ スロット アベンジャーズ 総まとめ スロット ケロロ軍曹 総まとめ
<--スポンサード リンク-->


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ