新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

バーチャファイター 覚醒ストックとAT継続テーブル振り分け

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチスロ バーチャファイター 02©TAIYO ELEC

パチスロ「バーチャファイター」ですが、AT『サンクチュアリ』中に発生することのあるVF絵柄を狙う『覚醒チャンス』成功時はシングル揃い、ダブル揃いによって覚醒ストック個数が異なります。

覚醒ストックがあれば次回継続バトルで勝利が確定するのですが、ダブル揃い成立時には最低でも3個以上のストックが確定となってます!!

またAT継続バトルはテーブル管理となっており、1~16までのテーブルが存在!

そこからさらにテーブルごとに対応したバトルマップが振り分けられ、バトルⅠ~Ⅴによって継続バトルでの対戦キャラを決定する・・といった仕組みとなっているようですね。

<--スポンサード リンク-->

覚醒チャンスについて

覚醒チャンスはシングル揃いとダブル揃いによってストック個数振り分けが異なっており、

<シングル揃い時のストック個数振り分け>
1個・・・64.84%

2個・・・20.31%

3個・・・10.16%

4個・・・3.13%

5個・・・1.56%

<ダブル揃い時のストック個数振り分け>
3個・・・50.00%

4個・・・25.00%

5個・・・25.00%

 

となっており、ダブル揃い成立時には3個以上の覚醒ストックが確定となります!

ちなみに覚醒チャンス成功期待度はシングル揃いで約30.00%、ダブル揃いでは約3.30%となっており、成功時にはシングル揃いでは平均1.56個、ダブル揃いでは平均3.75個の覚醒ストック獲得となりますね^^

AT継続テーブルについて

AT継続テーブルは全16種類もあるんですが、単純に上位のテーブルほど振り分けが低くなっており、AT継続期待度が高くなります。

パチスロ バーチャファイター AT継続テーブル振り分け

継続期待度はバトルマップの継続率を考慮したトータルでの期待度となっていますが、75.63%~93.79%となっており、ほぼほぼ導入当初の情報と同様の数値となっていますねー。

パチスロ バーチャファイター テーブルごとのバトルマップ振り分け

こちらはテーブルごとに対応したバトルマップ振り分けで、バトル別の勝率としては下記の通りです。

<バトル別の勝率>
バトルⅠ・・・65.94%~67.54%

バトルⅡ・・・71.62%~72.96%

バトルⅢ・・・81.60%~82.49%

バトルⅣ・・・90.71%~91.21%

バトルⅤ・・・99.86%~99.87%

 

こちらは幻球保有時、非保有時の平均値となっているようで、上位バトルになるほど勝利期待度の高いキャラが登場するといった仕組みになっているようですね。

継続バトルは小役のヒキによるガチ抽選となっていますが、バトルの種類によって何が違うのかというとリプレイ成立時、下段「リ/リ/ベ」成立時のダメージ抽選で、上位バトルほどダメージ抽選が優遇されているということですね^^

上位バトルになればなるほどリプレイ成立時に敵に与えるダメージが優遇、また最高継続率となるバトルⅤでは下段「リ/リ/ベ」成立時に敵から受けるダメージは必ず最小の1マスとなり、バトルが16G継続した際も勝利確定となる仕様もあり別格の継続率となっていますね≧▽≦

まあ実際は上位テーブルに引っかかることは早々ないですが、バーチャファイターを打つ際には継続バトルのダメージ配分にも注目しながら打っていこうと思います^^

あくまで楽しみの一環ですけどね(笑)

<天井狙い目・やめどき攻略>
・バーチャファイター 天井恩恵と狙い目・ヤメ時

<全記事一覧>
・パチスロ バーチャファイター 記事一覧

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


スロット新台導入日(修正版) スロット ゴッドイーター2 総まとめ スロット ブラックラグーン3 総まとめ スロット まめ 総まとめ スロット 魔法少女まどかマギカA 総まとめ 設定推測ツール スロット 南国物語Aタイプ 総まとめ 2018年のスロット新台導入日 スロット コードギアスR2 CCバージョン 総まとめ スロット エヴァンゲリオン ドキドキ400ver 総まとめ スロット 烈火の炎 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ