1月18日レクタングル
新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

AKB48 さとる流の立ち回り方

にほんブログ村 スロットブログへ

 今回はAKB48の僕が実際行っているAKB48の立ち回り方を改めて書いてみたいと思います。

 天井期待値、規定ゲーム数振り分け、モード移行率など、期待値稼働をする上で必要な解析が出揃った今、この機種を効率よく打っていくにはどうしたらいいか?そこに焦点を当ててみていきますね(^^)

 まああくまで僕個人の立ち回りなので参考程度に見てみて下さい。

・さとる流AKB48の立ち回り

1.宵越し狙いはできるだけ避ける
 実際には避ける、というよりはやはり状況に応じてなんですが、例を挙げながら説明すると分かりやすいと思うので、何パターンかの例を上げます。

例1)当日300G前日128G

 このパターンは狙ってもいいです。大体どの打ち手も128G付近までは回すし、ここでサプリセ使用ってのは意図的な嫌がらせ意外ではあまりないので(笑)仮に設定変更だとしてもリスクは少なめ&宵越しならピンポイントで通常B天井狙いができるって意味でも狙っていけます

 ただ、通常B天井を抜けた場合&変更の有無が判断できなかった場合はボーナス当選まで追うと時間効率としては悪いんでそこは覚えておいてください!その場合は他に期待値の高い台が空いている場合は迷わず移ってOKです。

例2)当日350G前日300G

 このパターンは注意です。前日最終がサプリセ未使用&変更なしならばトータル650Gハマリで超美味しい台なんですが、サプリセを使用していて、128G付近まで回されていることも考慮すると、当日350G+前日128Gで2日間ハマリは478G。これは要するに通常Bを否定した状態でスタートということですね。

 またG数管理型の機種を前任者がヤメていくケースの1つとして、前兆がガセったからヤメる。という場合があります。

ということは当然、480G直前の前兆がガセってヤメていった可能性も考えられるんで、この台は安易に手を出すべきではないです。とは言え通常B天井直後から打ち出しても期待値はあるんで他に打つ台がなければ打ってもいいとは思います。

 また、補足的なことを書いておくと、AKB48は設定変更後のモード移行率はボーナス、ART後と同一の移行率となっている=変更の恩恵はないんで、当日ハマリが深めの台を狙っていきたいです。そして前日最終ハマリが200Gだろうと300Gだろうと、必ずサプリセ後128Gヤメだった場合のトータルハマリも考慮してください。

 なんでAKB48を宵越しで狙う場合は、
①当日ハマリのみ(設定変更)。
②当日ハマリ+前日ハマリ。
③当日ハマリ+前日サプリセ使用で128Gハマリ。

 この3つのケースを総合的に判断して狙いましょう。そして、もう一点付け加えるなら、天井の恩恵が強くないので、リスクをおってまで、宵越し狙いをすべきではないです。そういう意味で、僕は積極的にはAKB48の宵越し狙いはやってません。

2.ボーナス、ART後即ヤメ台を回すかどうか

 これについては僕の稼働スタイルから説明する必要があるんですが、 僕は1店舗のみをジグマ的に立ち回ることはしてなくて、複数の店舗をハシゴして立ち回ってます。そして最初の1店舗目に即ヤメ台があったとしても打ちません!何故かというと、2店舗、3店舗目に期待値の高い台が眠っている可能性が高いからですね!!

 そして最終的に回ったホールで他に選択肢がなくなった場合に打つって感じですね。ただ、例外として、1店舗目などにもう少し育ててくれれば打てそうな台があった場合は、その店舗に戻るし、97G付近でヤメられている場合などはそのまま打ったりもします

※128G以内放置台に関しては65G以上ハマっている場合は回すことにします。(天国期待値の計算は自身で細かく算出してみました、その記事はこちらから)

 前者のパターンはネットで台情報を見れるホールであればより効率的に立ち回ることができますね(≧▽≦)

 長文になってしまいましたが、この辺りを押さえておけば、かなり効率よく立ち回ることができますよ!

<全記事一覧>
・パチスロAKB48 記事一覧

1月5日スロットベスト10 1月18日記事下 スロット エウレカセブンAO 総まとめ スロット 牙狼 守りし者 総まとめ スロット エヴァンゲリオン 勝利への願い 総まとめ スロット モンキーターン3 総まとめ 設定推測ツール スロット ソウルキャリバー 総まとめ スロット ジョーズ 総まとめ スロット スターオーシャン4 総まとめ スロット 宇宙戦艦ヤマト2199 総まとめ スロット G1優駿倶楽部 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ