新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

グラップラー刃牙 ART高継続率確定演出

(注目記事)設定6確定画面が出た番長3を閉店までブン回した結果・・・

グラップラー刃牙-最大トーナメント編- 画像1©ニューギン

 今回は期待値稼働とは関係ないですが・・刃牙のART継続バトル中に特定の演出が発生することで高継続率が確定となるようですね!それにしても天井性能も90%濃厚のARTに当選ということで申し分ないですが、導入台数的にも中々拾えそうにないですねー(><)

 設定判別要素としても現状の解析だと目立った要素がなく、「何処で差が付いてるんやろ?」って感じ。ちなみになぜこの記事を書こうと思ったかってのは文末にて。

<--スポンサード リンク-->

 まずこの機種の特徴としてはART中のゲーム数上乗せは上乗せ特化ゾーンからの上乗せのみ、そしてセット数上乗せはなく、毎セットART継続率に基づいて抽選してるんですが継続率は「50%/60%/70%80%/90%」の5種類。ちなみにプレミアフラグである7揃いボーナスからのARTは80%以上が確定となりますね!(振り分けは「80%:90%=66.67%:33.33%」)

 そしてこのART継続を賭けた10Gの継続バトル中の高継続確定演出は下記の通りです。

<高継続率確定演出>
70%以上が確定
・6G目に剛体術
・6G目に鬼が哭く出現
・10G目の継続時の炎が赤色

80%以上が確定
・6G目に鬼が哭くヒット
・9G目の背景に勇次郎が
・オーガプッシュマン出現(全ゲーム発生の可能性あり)

90%濃厚
・10G目継続時に炎が虹色
・復活で勇次郎が出現

 オーガプッシュマンを除けば、残りは6or9or10G目に発生する、ってことですね(^^)ちなみにオーガプッシュマン、あんまし強そうではないです(爆)また、継続率示唆ではないんですが、継続期待度としては「烈海王<花山薫<柴千春」の順で期待度アップ、対戦前に次回予告発生で、ART継続濃厚となるようですねー。

 対戦相手別の期待度としてはまあ順当なところですね、柴千春をチョイスした所に製作者のセンスを感じます(笑)それはそうと、復活演出時の勇次郎の顔が若干猪木に見えてしまうのは僕だけ・・・??まあでも刃牙には本家(?)の猪狩さんが登場しますからね、かなり似ております。

 ちなみにこの記事を書いた理由なんですが・・刃牙好きな方なら分かりますよね??(笑)そうです、完結したと思ってた刃牙シリーズの新シリーズ「刃牙道」の連載が開始しました~!!(≧▽≦)勇次郎との決着がひとまずついたのにどうやって物語を展開させていくんかな??「範馬刃牙」の連載終わってからほぼチャンピオン読んでなかったんですが、これからは毎週読まねば!!

パチスログラップラー刃牙のその他記事

・グラップラー刃牙 天井狙いの攻め時・ヤメ時

・グラップラー刃牙 打ち方・出目

<--スポンサード リンク-->


2018年のスロット新台導入日 スロット エヴァンゲリオン まごころを君に2(新台)総まとめ スロット 乙女マスターズ 総まとめ スロット 戦場のヴァルキュリア 総まとめ スロットGATE 総まとめ スロット コンチネンタルゼロ 総まとめ スロット 超ガンツ 総まとめ スロット 押忍番長Aタイプ 総まとめ スロット 不二子Aタイプ 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ