新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

バジリスク-絆- 通常時の状態・モード別の特徴

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

にほんブログ村 スロットブログへ
(C)エレコ

 

バジリスク-絆-の内部状態とモードについての特徴をサクッとまとめておきます。

状態に関しては「低確/高確/超高確」の3種類、モードに関しては「A~E」の5種類のモードが存在。

特徴をあげるとすればモードD,Eは移行すればBC当選時にATが確定となる、ってことです!

      <--スポンサード リンク-->

<内部状態と特徴>

まず状態についてなんですが、移行契機としては「レア小役成立時」、「BCorAT終了時」、「設定変更時」でその辺はお馴染みの動き方となってますね。

滞在ゲーム数としては高確は15G~無限、超高確は5G~無限(※期待ゲーム数消化でモード転落)ということで、各状態別に最低ゲーム数が保障されていて、転落契機は規定ゲーム数消化、ということです。

 

ちなみに「土岐峠」は高確示唆、「弾正屋敷」は高確以上が確定、となるので特に後者の場合は、前兆の可能性も考慮し、最低でも15Gは回しておいた方がよさそうですね(^^)

そして「駿府城」は前作同様激熱ステージとなっていて、移行時はBC+AT前兆が濃厚となるようなので、絶対にここではヤメないように!(笑)

 

<内部モードと特徴>

続いて5つの内部モードについてです。こちらはどう影響してくるかというと、「内部状態移行率」、「BC当選時のAT抽選」の2点に関わってきており、Eが最上位のモードとなります。

内部状態移行率に関しては、

☆A・・・低
☆B・・・中
☆C~E・・・高
※状態移行期待度を「低/中/高」の3つで表記

 

という具合にモードC以上ならば、高確に頻繁に移行してくれるイメージですね。設定差をつけてくるとするなら、間違いなくこのモード移行率だと思いますね(^^;

 

また、BC当選時のAT抽選に関しては、

☆A・・・低(低)
☆B・・・低(中)
☆C・・・中(高)
☆D,E・・・確定(確定)
※AT当選期待度を「低/中/高/確定」の4つで表記
※左は低確時、右カッコ内は(超)高確時

 

となります。

あっ、それとモード移行契機はレア小役成立で昇格抽選を行い、BC当選でリセット。BC当選まではモード転落はなし、とのことです。

先日更新した天井最深部の恩恵についての記事で、奇数が規定回数だった場合は次回モードが優遇、といったことも書きましたが、最深天井である11回目含め、奇数の場合はモードC以上が選択されやすい、とかそんな感じなんじゃないですかね??

※注:最深天井の11回目が選択された場合、次回規定回数が1回となる1回となりやすい、が正しいようです。振り分けは分からないですが、僕個人としては次回BC当選までは回す方向で打ってきます。

 

高設定に関しては先述でチラッと書いたように高モードにポンポン移行するんじゃないですかね。推測ですが、この機種はモード別の小役からの高確移行率にはそこまで設定差はつけられてなく、モード移行率に露骨な設定差がつけられてるような気はします。

モード移行に関しては天井狙いでも重要になってくる要素なんで、解析は逐一チェックしておきたいですね(^^)

<天井狙い目・やめどき攻略>
・バジリスク-絆- 天井狙いの攻め時・ヤメ時

<解析まとめ・記事一覧>
・バジリスク絆【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


4月17日スロットベスト10 スロット 逆転裁判 総まとめ スロット タイムクロス2 総まとめ スロット ラストエグザイル 総まとめ スロット 黒神 総まとめ 設定推測ツール スロット 賞金首2 総まとめ スロット ツインエンジェル4 BREAK 総まとめ スロット テイルズオブシンフォニア 総まとめ スロット リング2 終焉ノ刻 総まとめ スロット アベンジャーズ 総まとめ スロット ケロロ軍曹 総まとめ
<--スポンサード リンク-->


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ