新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

カンフーレディテトラ【スロット解析】設定判別・打ち方攻略まとめ

(注目記事)設定6確定画面が出た番長3を閉店までブン回した結果・・・

スロット カンフーレディテトラ 解析©YAMASA

スロット「カンフーレディテトラ(功夫淑女TETRA)」を楽しんで勝つための解析攻略情報を徹底網羅!

ヤマサの2018年1発目の新台は、カンフーレディシリーズのA+RTタイプ!!

ハナビのようにBIG後には必ずRTに突入するゲーム性で、フル攻略できれば設定1でも機械割が100%を超えてきます。

また、【テトラ】というタイトルが示す通り、筐体には4つのリールが搭載されています。

<--スポンサード リンク-->

スペック解析

基本情報
導入日 2018年3月19日
タイプ A+RT
コイン持ち
(設定1)
50枚あたり約37G
コイン単価
(設定1)
約2.1円
設定 BIG REG ボーナス
合成
1 1/295.2 1/370.2 1/164.2
2 1/343.1 1/158.6
5 1/313.5 1/152.0
6 1/295.2 1/147.6
設定 機械割
(攻略なし)
機械割
(フル攻略)
1 97.9% 100.6%
2 100.0% 103.0%
5 102.4% 105.5%
6 105.5% 108.7%

4段階設定のA+RTタイプ

今では特に珍しくも無くなりましたが、新台のカンフーレディテトラは4段階設定が採用されています。

また、BIG確率には設定差が付けられておらず、設定が上がるにつれて段階的にREG確率が優遇。

そして、機械割は97.9~105.5%と高設定の機械割が辛めな印象ですが、フル攻略することができれば100.6~108.7%まで機械割を底上げすることができます。

さすがに技術介入が全くできないとなると設定狙いで打つのは厳しいので、設定狙いで打つ際には自分の目押し力とよく相談しましょう(爆)

公式サイト・PV動画

公式サイト:カンフーレディ・テトラ

※PVは現時点では公開されていません

 

天井恩恵

※調査中

ゾーン振り分け

※調査中

朝一リセット挙動

※調査中

打ち方

※調査中

小役確率

※調査中

設定判別要素

※調査中

通常時

※調査中

 

ボーナス

新台のカンフーレディテトラのボーナスはBIG&REGとシンプル。

どちらのボーナスに関しても、消化中に技術介入要素が盛り込まれているようですね。

詳しい情報が判明すれば、改めて追記します。

BIGボーナス

・最大285枚獲得可能のボーナス。
・BIG終了後は必ずRTに突入。

REGボーナス

・最大117枚獲得可能のボーナス。

 

RT

スロット「カンフーレディテトラ」のRTはチャレンジループRTと呼ばれており、RT中の技術介入成功が2部構成のRTループの鍵になります。

BIG消化後に突入するのは「奥義」パートで、初回は15G、ループ時には7G継続します。

奥義のゲーム数を消化しきると継続ゲーム数の上限がない「試練」パートに移行し、試練中に技術介入に成功すれば奥義へ移行!

奥義と試練の実質的なループ率は、約66%と言われています。

奥義

・初回は15G保証のRTで、後述する試練からのループ時には1セット7G。
・ゲーム数消化後には「試練」へ移行する。

試練

・継続ゲーム数上限無しのRT。
・技術介入に成功すれば奥義へ移行、転落リプレイ入賞でRT終了。
・奥義と試練の実質的なループ率は約66%。

フリーズ

※調査中

<--スポンサード リンク-->


2018年のスロット新台導入日 スロットGATE 総まとめ スロット コンチネンタルゼロ 総まとめ スロット 超ガンツ 総まとめ スロット マイケルジャクソン 総まとめ スロット カンフーレディテトラ 総まとめ スロット 押忍番長Aタイプ 総まとめ スロット これはゾンビですか? 総まとめ スロット 不二子Aタイプ 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ