新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ドリームクルーン500【スロット解析】設定判別・打ち方攻略まとめ

(注目記事)設定6確定画面が出た番長3を閉店までブン回した結果・・・

スロット ドリームクルーン500 解析©OIZUMI

スロット「ドリームクルーン500」を楽しんで勝つための解析攻略情報を徹底網羅!

オーイズミのスロット新台は、パチンコの一発台のゲーム性を盛り込んだA+ARTタイプ!!

液晶の実写クルーンがV入賞すれば大当たりというシンプルな演出に加えて、大当たりすれば500枚以上の出玉を獲得することができます。

<--スポンサード リンク-->

スペック解析

基本情報
導入日 2018年3月19日
タイプ A+ART
ART純増
(ボーナス込)
約2.0枚/G
コイン持ち
(設定1)
50枚あたり約31G
コイン単価
(設定1)
約3.4円
設定 クルーン発生率 大当たり期待度
1 1/94 1/5.2
2 1/104 1/4.7
3 1/94 1/5.2
4 1/105 1/4.6
5 1/93 1/5.2
6 1/98 1/5.0
設定 大当たり確率 機械割
1 1/489.1 97.8%
2 98.5%
3 100.4%
4 103.2%
5 105.1%
6 108.0%

実写クルーンを搭載したA+ARTタイプ

ドリームクルーン500は実写クルーンを搭載したA+ARTタイプで、見た目上はV入賞すれば大当たりというシンプルなゲーム性になっています。

クルーン発生率は奇数設定が優遇されているのに対し、大当たり期待度は偶数設定が優遇されており、コイン単価は約3.4円(設定1)と中々に荒めです。

そして、機械割に関しては97.8~108.0%と高設定域が辛め。

設定狙いで打つなら、設定6をピンポイントで狙っていくことになります。

 

公式サイト・PV動画

 

公式サイト:ドリームクルーン500

天井恩恵

※調査中

ゾーン振り分け

※調査中

朝一リセット挙動

※調査中

打ち方

※調査中

小役確率

※調査中

設定判別要素

※調査中

通常時

ドリームクルーン500はパチンコの一発台とスロットを融合させたゲーム性となっており、液晶の実写クルーンがV入賞すれば大当たりとなり、500枚以上の出玉を獲得することができます。

一発台のパチンコと言えば天下一閃が大ヒットしていますが、果たして実写クルーンの玉の動きを楽しむスロット台がウケるのかどうか・・・?

ただ、ボーナスやARTの抽選は一般的なスロットと同じだと思うので、詳しい解析が判明すれば更新していきます。

 

ボーナス

ドリームクルーン500のボーナスは約276枚獲得できる純ボーナスとなっているようです。

現時点ではボーナスとARTについての情報がほとんど判明していないため、また改めて追記します。

 

ART

ドリームクルーン500のARTは1R約100枚の差枚数管理タイプとなっており、純増枚数は約2.0枚/G(ボーナス込み)。

初当たり時の最大ラウンド数は15Rで、ラウンド中にV入賞すれば3~10Rを上乗せしていくといったゲーム性になっています。

また、ドリームクルーン500というタイトルが示すように、初当たり時には最低でも500枚以上の出玉を獲得でき、2,000枚突破率は約75%以上とのことです。

 

フリーズ

確率 青7揃い時の約1/36
恩恵 期待値約1,700枚のプレミアフラグ

ドリームクルーン500のフリーズは青7揃いを契機に発生します。

フリーズが発生すればART当選が確定し、ラウンド振り分けは「7R:10R:15R=1:1:1」。

フリーズ期待値は約1,700枚と言われています。

<--スポンサード リンク-->


2018年のスロット新台導入日 スロットGATE 総まとめ スロット コンチネンタルゼロ 総まとめ スロット 超ガンツ 総まとめ スロット マイケルジャクソン 総まとめ スロット カンフーレディテトラ 総まとめ スロット 押忍番長Aタイプ 総まとめ スロット これはゾンビですか? 総まとめ スロット 不二子Aタイプ 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ