新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

タロットエンペラー【スロット解析】設定判別・打ち方攻略まとめ

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

スロット タロットエンペラー 解析©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

スロット「タロットエンペラー」を楽しんで勝つための解析攻略情報を徹底網羅!

Aプロジェクト第8弾として登場するのはタロットマスターの後継機・・・?!

RTを搭載したAタイプとなっており、BIG中には技術介入要素あり。

また、タロットエンペラーにはハナビやバーサスのように2種類のRTが搭載されています。

      <--スポンサード リンク-->

更新情報

【11/15】通常時&RT中の演出法則を追記。
【11/9】打ち方解説や設定判別要素、通常時の演出情報を追記。

スペック解析

基本情報
導入日 2017年11月27日
タイプ A+RT
コイン持ち 50枚あたり約37G
コイン単価 約2.3円(※設定1)
設定 BIG REG ボーナス
合成
1 1/425.6 1/425.6 1/212.8
2 1/404.5 1/414.8 1/204.8
3 1/392.4 1/394.8 1/196.8
4 1/368.2 1/381.0 1/187.2
設定 機械割 機械割
(フル攻略時)
1 97.4% 99.7%
2 99.3% 101.7%
3 101.1% 103.5%
4 105.7% 108.1%

ハナビ・バーサスタイプのA+RT機

スロット「タロットエンペラー」はハナビやバーサスと同じタイプのA+RT機ですが、ボーナス確率が約1/213~1/187と重めに設定されています。

その代わりにREGからもRTに突入するだけでなく、RT「タロットゲーム」は最大100G継続するといった仕様になっています。

なお、設定は引き続き「1・2・3・4」の4段階で、フル攻略時の機械割は99.7~108.1%

設定狙いで打つなら一通りの目押しができるだけでなく、設定4をピンポイントで狙っていく必要がありますね。

 

公式サイト・PV動画

公式サイト:TAROT EMPEROR 公式サイト

※PVは現時点では公開されていません

天井恩恵

※天井は非搭載

天井狙い目 天井非搭載のため狙い目はなし
やめどき 通常時かつボーナス非成立時

ゾーン振り分け

スロット「タロットエンペラー」は天井非搭載のAタイプなので、規定ゲーム数到達時に何かしらの抽選が行われるといった仕様はありません。

 

打ち方

スロット タロットエンペラー 打ち方

・BIG消化中には技術介入要素あり。
・REG消化中には停止位置によっては獲得枚数を損することあり。
・RT「タロットチャンス」中はリプレイハズシ成功でRTを延命させることが可能。
・タロットチャンス中にチェリーを入賞させた場合はRT自体が終了する(通常に強制転落)。

通常時の打ち方

1.左リール上段付近に黒BAR狙い。

2-ⅰ.下段に本が停止したら右リールは青7を目安に本を狙う。

2-ⅱ本がテンパイしたら中リールも青7を目安にして本狙い。
⇒本揃い・・・本

2-ⅲ.本がテンパイしなかったら中リールには黒or白BARのどちらかを狙う。
⇒「青7・黒BAR/白BAR・ベル」・・・特殊役(2択正解)
⇒「青7・ベル・ベル」・・・特殊役(2択不正解)

3.それ以外の場合は中・右リールは適当打ちで消化。
⇒角チェリー・・・チェリー

本を揃える際に中&右リールの目押しが必要

スロット「タロットエンペラー」の通常時の打ち方は難しくはなく、まずは左リール上段付近に黒BARを狙い、下段に本が停止した場合(青7/ベル/本)に中&右リールの目押しが必要になってきます。

左リール下段に本が停止したのを確認したら右リールにも本を狙い、本がテンパイしたかどうかで中リールを打ち分けます。

本がテンパイした場合には中リールにも本を狙えばOKで、本がテンパイしなかった場合は中リールは黒or白BARのどちらかを狙いましょう。

2択に正解していた場合は「青7・黒BAR/白BAR・ベル」という停止形になり、2択に正解していない場合は「青7・ベル・ベル」という停止形になります。

BIG中の打ち方

1.中・右リールを適当打ちで消化し、上段にリプレイが停止したら左リール上段に赤7狙い。
⇒上段「赤7・リプ・リプ」揃い・・・14枚役獲得(技術介入成功)

2.14枚役を獲得した後は順押し適当打ちで消化。

技術介入成功で最大枚数獲得

BIG中には簡単な技術介入要素が盛り込まれており、技術介入をして14枚役を入賞させることで最大枚数を獲得することができます。

まずは中&右リールを適当打ちで消化し、上段にリプレイがテンパイしたら左リール上段に赤7を狙いましょう。

しっかりと目押しができていれば上段「赤7・リプ・リプ」という停止形になり、14枚の払い出しがあります。

1度14枚役を獲得したら、残りのゲームは順押し適当打ちでOKです(^^)

REG中の打ち方

・左リールに青7を避けて順押し適当打ちで消化。

停止位置によっては損をすることも

REG中は基本的には順押し適当打ちでOKなのですが、左リールに「リプ/本/リプ」が停止した場合には中&右リールに本を狙わないと取りこぼしてしまい、枚数的に損をしてしまうことになります。

2連青7付近を避ければ「リプ/本/リプ」が停止することはないので、REG中は左リールの青7を避けつつ適当打ち消化と覚えておきましょう!

タロットチャンス中のリプレイハズシ

1.横向きの女教皇のカードが出現したら中・右リールを適当打ちし、左リール中下段に2連青7狙い。
⇒上段リプレイ揃い・・・リプレイハズシ成功

2.残り7Gからは左リールに青7を狙ってJAC IN(ベル・リプ・リプ)を優先させる。

※チェリーを入賞させないよう注意

リプレイハズシでRTを延命!

スロット「タロットエンペラー」はハナビやバーサスのように、リプレイハズシによってRT(タロットチャンス)を延命させることができます。

移行リプレイorチェリー成立時には横向きの女教皇のカードが出現するため、中&右リールを適当打ちしつつ、左リール中下段に2連青7を狙いましょう。

上段にリプレイが揃うことでリプレイハズシ成功となりますが、左リールには3コマの余裕があるため、ハナビやバーサスよりも技術介入難易度は低くなっています。

 

残り7GからはJAC INを優先すればOKですが、適当打ちで消化するとチェリーが入賞してしまう可能性があるので、左リールには青7を狙っておきましょう。

※タロットチャンス中にチェリーが入賞すると、RT自体が強制終了してしまいます。

 

小役確率

※調査中

設定判別要素

スロット「タロットエンペラー」はAタイプですが、ボーナス確率の設定差は小さめ。

そのため、単純にボーナス初当たり確率のみで設定の高低を絞り込むのは非常に難しいです。

REG中に出現するタロットカードで設定示唆をしているほか、一部の小役確率にも段階的な設定差が付けられていると思われるので、様々な設定判別要素をフル活用しながら設定を絞り込んでいくことになりそうですね。

ボーナス確率

設定 BIG REG 合成
1 1/425.6 1/425.6 1/212.8
2 1/404.5 1/414.8 1/204.8
3 1/392.4 1/394.8 1/196.8
4 1/368.2 1/381.0 1/187.2

タロットエンペラーはボーナス確率の設定差が小さく、ボーナス確率から設定を判断するのが難しくなっています。

REG中のタロットカード

・REG中に出現するタロットカードの種類や向きで設定を示唆。
⇒世界のカードは高設定濃厚?

 

通常時

スロット タロットエンペラー タロットカード(悪魔正位置)

スロット「タロットエンペラー」の通常時は、出現するタロットカードの種類や向きによって小役を示唆しています。

小役示唆パターンは計20種類となっていますが、カード下部のマーク色で簡単に示唆している小役を確認することができます(^^)

また、液晶右柄のルーレットランプでも小役やボーナス期待度を示唆しており、法則崩れのパターンはチャンスです!

タロットカード

・タロットカードは「世界」「塔」「悪魔」「死神」「吊るされた男」「戦車」「皇帝」「女教皇」「魔術師」「愚者」「隠者」の11種類で、正位置と逆位置が存在する。
※愚者と隠者は正位置のみで、女教皇はRT中に横向きが存在。
・それぞれのタロットカードは小役を示唆(カード下部のマーク色で対応役を確認可能)。

カードスクロール演出

・カードスクロール演出は5枚のカードが回転し、停止タイミングで表示されたカードで成立役を示唆。
⇒5枚中3枚が「世界」のカードで構成されていればチャンス。
⇒第3停止時にカードが表示されればチャンス。

フォーチュンルーレット演出

・リールフラッシュと出現カードでボーナス期待度を示唆し、最終的には「世界」or「死神」でボーナス当否を告知する。
⇒世界であればボーナス確定、死神の場合はハズレ。

ルーレットランプ

・液晶右側のルーレットランプが作動した場合は、停止した位置やパターンで小役やボーナス期待度を示唆。
⇒ランプの対応役と成立役が矛盾すればチャンス。

各ランプと対応役

WAND:ハズレ
COIN:リプレイorベル
CUP:チェリー
SWORD:本

※WAND以外でもハズレの可能性あり

PUSHボタン演出

・液晶上にPUSHボタンが表示された時にPUSHボタンを押すと、「CHANCE」「GEKICHANCE」「金7CHANCE」のいずれかが表示される。
※表示されたカードや文字で期待度が変化。

金7CHANCE

・金7CHANCE発生時に金7が揃えば、100GのタロットゲームorBIGボーナス確定。

ジャッジメント演出

・金7が揃った次のゲームで発生するロック演出で、ジャッジメント演出発生時のBIGボーナス当選期待度は約50%。

 

ボーナス

スロット タロットエンペラー BIGボーナス

スロット「タロットエンペラー」のボーナスは、BIGボーナスとREGボーナスの2種類のみ。

BIG中には技術介入要素が盛り込まれており、技術介入成功で最大枚数(311枚)を獲得することができます。

また、タロットエンペラーもBIG中の小役確率に設定差が付けられているかもしれませんね。

BIGボーナス

・最大311枚獲得可能のボーナス。
※消化中には技術介入要素あり。

REGボーナス

・104枚獲得可能のボーナス。
・消化中に出現するタロットカードの種類や向きで設定を示唆。

 

RT

スロット タロットエンペラー タロットゲーム

スロット「タロットエンペラー」には、『タロットチャンス』と『タロットゲーム』というRTが存在します。

前者のタロットチャンスはボーナス後に突入するRTで、BIG後に関しては最大30G、REG後は1G固定となっています。

後者のタロットゲームは移行リプレイ入賞から突入するRTで、継続ゲーム数は30Gor100Gのいずれか。

 

BIG後に関してはほぼ30Gが選択されるようですが、REG後に関しては必ず100Gが選択されます。

なお、REG経由でのタロットゲーム移行率は約25%となっています。

タロットチャンス

・BIG後は最大30G、REG後は1G固定のRT。
★タロットチャンス中にカードスクロール演出が発生すればボーナス濃厚。
※カードスクロール演出=5枚のカードが回転し、停止タイミングで表示されたカードで成立役を示唆する演出のこと。
★タロットチャンス中にPUSHボタンから金7CHANCEが発生すれば、ボーナス当選に期待できる。

タロットゲーム

・移行リプレイ入賞で移行する30Gor100GのRT。
・RTの純増枚数は約0.5枚/G。
★REGからは約25%で移行し、移行時には必ず100Gとなる。
★タロットゲーム中に金7CHANCEが発生すればBIG確定。

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


スロット新台導入日(修正版) スロット 戦国コレクション3 総まとめ スロット ニューパルサーSP2 総まとめ スロット タロットエンペラー 総まとめ スロット グレートキングハナハナ 総まとめ 設定推測ツール スロット 魔法少女まどかマギカA 総まとめ スロット ゴッドイーター2 総まとめ スロット ブラックラグーン3 総まとめ スロット まめ 総まとめ スロット 南国物語Aタイプ 総まとめ スロット コードギアスR2 CCバージョン 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ