新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

政宗2 天井恩恵と狙い目・やめどき

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

スロット 政宗2 天井©DAITO GIKEN,INC.

パチスロ「政宗2」の天井恩恵解析から、天井狙い目とやめどきを考察!

新台の政宗は擬似ボーナスを搭載したART機で、天井条件はボーナス&ART間ハマリとなっています。

天井恩恵もこの手のタイプでは定番といった印象ですが、初当たり確率が重めなこともあり、当日ハマリでもそれなりに狙える機会はあると思います(^^)

      <--スポンサード リンク-->

更新情報

【8/30】決戦ポイント示唆演出を考慮したやめどきを追記。

天井恩恵解析

【天井条件】
ボーナス&ART間999G

【天井恩恵】
ボーナスorART当選

※1.愛姫演舞中or秀吉演舞中oor天下道中に天井到達した場合、終了後の次ゲームで告知する。
※2.愛姫演舞or秀吉演舞or天下道の本前兆中に天井到達した場合、CZ消化後に天井発動。
※3.設定変更で天井までのゲーム数はリセット

天井条件はボーナス&ART間ハマリ

パチスロ「政宗2」の天井はボーナス&ART間ハマリが条件となっており、999Gハマることで擬似ボーナス「奥州ボーナス」orART「隻眼ノ乱」に当選します。

天井条件・天井恩恵ともに、擬似ボーナスを搭載したART機ではよくあるパターンですね。

この手のタイプはイマイチ狙いづらいイメージがあるかもしれませんが、新台の政宗は初当たり確率が約1/321(設定1)とやや重めなこともあり、比較的早めのゲーム数から狙っていくことができます。

また、政宗2は非ゲーム数管理となっているため、単純にハマればハマるほどより期待値が上がっていくことになりますね。

 

狙い目

パチスロ「政宗2」の天井狙い目は、通常時600Gハマリ付近を目安ということで立ち回ってみます。

時間効率もそこまで悪くはないですし、導入ホールも多いと思うので、それなりに狙える機会はあると思います(^^)

ただ、天井到達時には出玉増加のメイン契機であるART当選が確定するワケではありませんし、自力感が強めのゲーム性ということもあって、ある程度の台数をこなせていない内は結果が荒れるかもしれません(苦笑)

また、今のところは朝一リセット時に恩恵ありといった情報はないため、リセットリスクのあるホールで宵越し天井を狙う場合は、当日ハマリが深い台に絞り込んで狙っていくのが無難です。

 

やめどき

やめどきに関しては、ボーナス・ART後の前兆がないことと、高確に滞在していないことを確認してからで問題ないでしょう。

また、上段「ベル・ベル・リプ」はMBとなり、次ゲームでは10枚の払い出しがあるため、取りこぼしには気をつけてください。

先述した通り、政宗2には天井を除いた特定ゲーム数で何かしらの抽選が行われるといった仕様はないようなので、前兆&高確非滞在を確認次第、1Gでも早めに見切りをつけて期待値アップに繋げたいところですね(^^)

 

即やめ厳禁パターンあり!

※【8/30】追記:政宗2の奥州ボーナス終了画面は設定や決戦ポイントを示唆しており、決戦ポイントMAX確定となるパターンあり!

スロット 政宗2 五大老終了画面

上記の五大老集合画面が決戦ポイントMAX確定パターンです。

決戦ポイントMAX時の次回青7揃い時には100%秀吉決戦に突入するため、もし五大老終了画面を確認できた場合は次回秀吉決戦突入まではフォローすべきですね。

ただ、初当たり時に青7揃いが確定するワケではないので、思った以上に投資がかさむ可能性がある点には注意してください。

 

立ち回りまとめ

【天井狙い目】
通常時600G~

【やめどき】
・ボーナス、ART後の前兆&高確非滞在を確認後。
※奥州ボーナス確定画面が「五大老集合」なら秀吉決戦突入までフォロー。

<解析まとめ・記事一覧>
・政宗2【スロット解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


スロット新台導入日(修正版) スロット 戦国コレクション3 総まとめ スロット ニューパルサーSP2 総まとめ スロット グレートキングハナハナ 総まとめ スロット 魔法少女まどかマギカA 総まとめ スロット ゴッドイーター2 総まとめ スロット ブラックラグーン3 総まとめ スロット まめ 総まとめ スロット ウルトラセブン 総まとめ スロット ゴルゴ13 総まとめ スロット 魁!男塾 総まとめ 設定推測ツール
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ