新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

バイオハザード リベレーションズ 天井恩恵と狙い目・やめどき

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

スロット バイオハザードリベレーションズ 天井©CAPCOM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. ©エンターライズ

パチスロ「バイオハザード リベレーションズ」の天井恩恵解析から、天井狙い目とやめどきの考察です!

パチスロバイオハザードの新台は、軽めのボーナスからART当選を目指すA+ARTタイプということで、ゲーム数天井ARTスルー天井といったスタンダードな2種類の天井を搭載しています。

前作はART間天井だったのでハマリ台が埋もれやすかったですが、「バイオハザード リベレーションズ」はどちらの天井も深めで、当日ハマリで狙える機会はあまり無さそうです(^^;

<--スポンサード リンク-->

更新情報

【8/16】ゲーム数第1天井振り分けとリセット後のART終了時のスルー天井振り分けを追記。
【8/12】スルー回数実践値を基に、スルー天井狙い目を再考察。
【8/10】朝一リセット時の恩恵を受けて、リセット台の狙い目を考察。

天井恩恵解析

【ゲーム数第1天井と恩恵】
「400Gor500Gor600Gor700Gor800G」以降のボーナスでART当選

第1天井振り分け
G数 振り分け
400G 5.0%
500G 10.0%
600G 12.5%
700G 25.0%
800G 47.5%

【ゲーム数第2天井と恩恵】
ボーナス&ART間810GでART当選

【ARTスルー天井と恩恵】
ボーナスが14連続でART非当選となった場合、15回目のボーナスでART当選

リセット後のART終了時の
スルー天井振り分け
スルー回数 振り分け
6回 40.2%
15回 59.8%

※1.スルー回数はCZからのART当選でもリセット
※2.設定変更で天井までのゲーム数はリセット

2種類の天井を搭載

パチスロ「バイオハザード リベレーションズ」のゲーム数天井恩恵はART当選と強めですが、天井発動条件はボーナス&ART810Gと深いのがネック。

ボーナス確率が約1/120(設定1)と軽いこともあり、ハマリ台を打てる機会はほとんどないと思います。

まあこの手のスペックのゲーム数天井は、「バイオハザード リベレーションズ」に限らず狙いにくいですけどね(苦笑)

 

そして、もう一つの天井であるARTスルー天井は、ボーナスが14連続でART非当選となることで天井状態となり、15回目のボーナスでARTに強制当選するといったもの。

こちらも同タイプに比べて天井が深めで、当日ハマリで狙うのは難しそうな印象です(><)

ただ、エンターライズの「モンハン 狂竜戦線」では11回目以降のボーナスはART当選率アップといった恩恵がありましたし、「バイオハザード リベレーションズ」も最深天井以外のART当選率が優遇されていれば、その分狙いやすくはなりますね。

なお、「バイオハザード リベレーションズ」には「ノーマンチャレンジ」なる高期待度CZが搭載されており、CZからARTに当選した場合もスルー回数がリセットされる点に注意してください。

 

※【8/12】追記:実践値を見ると、10回目以降のボーナスからのART当選率が明らかに優遇されています。

そのため、「モンハン 狂竜戦線」のようにART当選に関わる内部モードやテーブルが存在するかもしれませんね。

 

ゲーム数天井は2段階仕様

※【8/16】追記:パチスロ「バイオハザード リベレーションズ」のゲーム数天井は、2段階仕様となっていました。

第1天井は「400G/500G/600G/700G/800G」のいずれかに振り分けられ、天井到達後にボーナスを引けばART当選が確定します。

なお、第1天井ゲーム数は、ボーナス・ART終了時に毎回再抽選されます。

 

狙い目

ここからは、2種類の天井狙い目をそれぞれ考察していきます。

ゲーム数天井

パチスロ「バイオハザード リベレーションズ」のゲーム数天井の狙い目は、通常時540Gハマリを目安ということで立ち回っていきます。

ボーナス初当たりが軽いことを活かして、絶対に当たるゾーン狙いという感覚でコツコツと打っていけるのがベストですが、狙える機会がないことが根本的な問題ですね(爆)

ゲーム数天井の場合、リセット恩恵にも期待できないと思うので、ARTスルー天井狙いが中心になってくると思います。

 

※【8/16】追記:ゲーム数天井に朝一リセット恩恵はありませんが、2段階天井といった仕様上、導入当初の狙い目よりもかなり早めの段階から狙っていけそうです。

狙い目としては、430Gハマリ付近から狙っていくのがいいと思います。

天井到達率は低くハマリにくい台には違いありませんが、このラインからなら狙える機会はまだありそうです。

 

ARTスルー天井

ARTスルー天井に関しては、とりあえずは10連続スルー9連続スルーが目安ということで。

スルー回数実践値にART当選率の偏りがあった場合や、解析情報次第で狙い目は微調整していきます。

さすがに10連続スルーとなると当日ハマリ台は目に付きやすいので、基本的は宵越しを絡めながら狙っていくスタンスになりそうです。

朝一リセット時にはスルー天井が優遇されている機種が多いので、「バイオハザード リベレーションズ」にも何かしらの恩恵が盛り込まれているといいんですが・・・(^^;

 

リセット時は天井が大幅短縮!

※【8/10】追記:朝一リセット時にはスルー天井が短縮されるといった恩恵あり!

ART後に関してはボーナス15回までにART当選となりますが、リセット時の場合は6回までにARTに当選!!

さらに、実践値を見る限りでは1~5回目のボーナスでのART当選率も優遇されているようなので、それに合わせて天井狙いボーダーを優遇することができますね。

 

具体的な狙い目ですが、0スルーからでも十分狙っていくことができると思います。

宵越し天井狙いの保険にもなるので、朝一から積極的に狙っていけますね(^^)

 

リセット恩恵はループ性あり

※【8/16】追記:朝一リセット時の天井短縮恩恵は、ART当選後も約40%でループします。

これだけ聞くと、ART5連続スルー台をピンポイントで狙っていけそうな気もするかもしれませんが、リセット台は1~5回目のボーナスでのART当選率が優遇されているといった傾向上、ARTを5連続でスルーしている時点で継続抽選に漏れている可能性が高いと思います。

そのため、リセット台狙いは朝一1発目のARTに照準を合わせましょう。

 

10連続スルー後は当選率優遇!

※【8/12】追記:スルー回数実践値を見てみると、10回目以降のボーナスからのART当選率は、それまでに比べて明らかに優遇されています。

現時点では「モンハン 狂竜戦線」のように、ART当選に関わる複数の内部モードが存在するのかどうかは分かりませんが、いずれにせよARTスルー天井狙いのボーダーを優遇しても良さそうです(^^)

導入当初の狙い目はART10連続スルーからとしていましたが、実践値を受けてART9連続スルーからということに変更します。

 

やめどき

やめどきに関しては、ボーナス・ART後の前兆がないことと、高確に滞在していないことを確認してからやめということでOKでしょう。

この手のタイプは内部状態によってボーナス成立時のART当選率が異なるため、高確は確実にフォローしておくべきです。

「研究施設」は高確示唆ステージとなっているほか、滞在中のボーナス成立時のART当選期待度が約47%と優遇される「戦慄状態」なる特殊状態も存在するため、移行時はしばらく様子を見ておきましょう。

なお、戦慄状態滞在時には筐体が赤く点灯します。

 

立ち回りまとめ

【天井狙い目】
通常時430G~
ART9連続スルー~
リセット台はART0スルー~

【やめどき】
・ボーナス、ART後の前兆&高確非滞在を確認後。

<解析まとめ・記事一覧>
・バイオハザード リベレーションズ【スロット解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


スロット新台導入日(修正版) スロット ゴッドイーター2 総まとめ スロット ブラックラグーン3 総まとめ スロット まめ 総まとめ スロット 魔法少女まどかマギカA 総まとめ 設定推測ツール スロット 南国物語Aタイプ 総まとめ 2018年のスロット新台導入日 スロット コードギアスR2 CCバージョン 総まとめ スロット エヴァンゲリオン ドキドキ400ver 総まとめ スロット 烈火の炎 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ