新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

北斗の拳2017 新伝説創造【スロット解析】完全攻略マニュアル

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

スロット 北斗の拳2017 新伝説創造 解析©武論尊 原哲夫/NSP 1983, ©NSP 2007 版権許諾証YBJ-918 ©Sammy

スロット「北斗の拳2017 新伝説創造」を楽しんで勝つための解析攻略情報を徹底網羅!

2017年版のスロット北斗の拳は、純増約1.9枚/GのARTで出玉を増やしていく純ARTスペックで、メインストーリーは天帝編となっています。

まずはCZ的な位置付けのART「宿命の刻」からメインART「激闘乱舞」に繋げるというゲーム性は、「蒼天の拳2」や「世紀末救世主伝説」に通ずるものがありますね。

      <--スポンサード リンク-->

更新情報

【7/8】設定別の「宿命の刻」初当たり確率と機械割、天井ゲーム数や恩恵を追記。

スペック解析

基本情報
導入日 2017年9月4日
タイプ ART
ART純増 約1.9枚/G
コイン持ち 50枚あたり約43G
コイン単価 約2.6円(※設定1)
設定 宿命の刻 機械割
1 1/224.3 97.8%
2 1/220.8 98.9%
3 1/213.3 100.9%
4 1/195.5 104.2%
5 1/186.2 107.1%
6 1/175.1 111.1%

純ボーナス非搭載のART特化タイプ

新台のスロット北斗の拳のスペック面ですが、現時点ではコイン持ちやART純増枚数、設定1の「宿命の刻」初当たり確率が約1/224.3ということくらいしか判明していません。

「宿命の刻」からの「激闘乱舞」突入期待度は約40%とのことなので、頻繁に単発終了となってしまうケースは少なそうですが、「宿命の刻」をCZと捉えた場合は突入率が重めなので、「激闘乱舞」突入まで我慢の展開が続くことはありそうです。

冒頭で書いた通り、「宿命の刻→激闘乱舞」までの流れは「蒼天の拳2」や「世紀末救世主伝説」に似ているので、ゲーム性自体は取っ付きやすそうですね。

 

※【7/8】追記:設定別の「宿命の刻」初当たり確率&機械割、コイン単価(設定1)を追記しました。

コイン単価自体は約2.6円とのことなので、大きく荒れることは無く、出玉の波はマイルドな新台と言えそうです。

機械割は至って並といった印象ですが、ホールのメイン機種になるのは間違いないので、設定状況に期待が持てるホールであれば積極的に狙っていけますね(^^)

 

公式サイト・PV

 

 

公式サイト:パチスロ北斗の拳 新伝説創造

天井恩恵

天井G数 1.710G+α
★リセット時は510G+α
2.激闘乱舞7連続スルー
恩恵 1.宿命の刻当選
2.8回目の宿命の刻は勝利確定(=激闘乱舞確定)
宵越し 不可(★リセット恩恵あり)

ゾーン振り分け

新台の「北斗の拳 新伝説創造」では通常時に規定ゲーム数を消化することで夜ステージ移行抽選が行われており、夜ステージで「宿命の刻」に当選すれば「激闘乱舞」突入が濃厚となります。

朝一リセット挙動

※調査中

打ち方

※調査中

小役確率

※調査中

設定判別要素

※調査中

 

通常時

スロット「北斗の拳 新伝説創造」は、伝統の北斗カウンターを引き続き採用しています。

今までの北斗シリーズと大きく異なるのは、前兆ゲーム数が16Gに短縮されていること。

本前兆に期待できない煽りを毎回32G近く見せられるのは苦痛だったので、こういった仕様変更は個人的には大歓迎です(笑)

また、新台の北斗の拳は中段チェリー確率が約1/150と軽く、ART当選期待度も33%までアップしています!

ステージ

・「バトロ/オグル/ビジャマ/ファルコ」の4ステージ。
・「ファルコステージ」は上位状態示唆ステージ。

内部状態

・内部状態は「宿命の刻」当選後の「激闘乱舞」突入に関わり、上位状態で「宿命の刻」に当選すれば「激闘乱舞」突入期待度アップ。

北斗カウンター

・北斗シリーズお馴染みのカウンターで、新伝説創造も「中段チェリー/スイカ/強チャンス目」に対応した3つのカウンターあり。
※新伝説創造は前兆ゲーム数が16Gに変更。

北斗揃い

・シリーズお馴染みのプレミアフラグである北斗揃い後は、40G間の激闘ストック高確率状態+上位ATレベルが濃厚。

 

ART

スロット北斗の拳2017のARTですが、押し順ベル7回まで継続する「宿命の刻」を経由し、メインの出玉増加契機である「激闘乱舞」へ繋げていくゲーム性となっています。

「宿命の刻」中はオーラが昇格するほど「激闘乱舞」突入期待度アップと、「蒼天の拳2」をイメージすると分かりやすいと思います(^^)

そして、メインART「激闘乱舞」の継続率は最低66%以上と高く、新伝説創造もATレベルが高いほど連チャンに期待が持てます。

ゲーム数上乗せ特化ゾーンとセット数上乗せゾーン(高確率状態)も搭載されており、高継続率と絡めば爆発力がありそうですね。

宿命の刻

・押し順ベル7回まで継続するCZとしての役割を担うART。
・消化中のレア小役成立時や押し順ベル間のゲーム数に応じてオーラ昇格抽選が行われ、オーラが昇格するほど「激闘乱舞」突入期待度アップ。
・激闘乱舞突入期待度は約40%。

激闘乱舞

・1セット30G+α継続するメインART。
・継続率は66~89%となっており、ATレベルが高いほど連チャンに期待が持てる。
(※ATレベルは突入時のオーラの色で示唆)
・消化中にはゲーム数上乗せ&特化ゾーン突入抽選が行われる。
・セット消化後にストック有りならエピソードへ、ストック無しなら継続バトルに突入する。
★激闘乱舞20連以上で「昇天」演出が発生。
・ステージは「荒野<郡都<市都」の順で上乗せバトル発展期待度アップ。

上乗せバトル

・バトルに勝利できれば激闘(エピソード)ストック確定。
・対戦相手は「バトロ<ソリア<ビジャマ」の順で期待度アップ。

EX乱舞

・5G+α継続するゲーム数上乗せ特化ゾーン。
・消化中は毎ゲーム上乗せが発生するほか、最終ゲームではループ上乗せが発生する。
★フリーズ発生時には大量上乗せに期待。

激闘乱舞ターボ

・金7揃いから突入する32G間の激闘ストック高確率状態。
★滞在中はベルでも約25%で激闘ストック。

フリーズ

※調査中

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


スロット新台導入日(修正版) スロット 北斗の拳 新伝説創造 総まとめ スロット 聖闘士星矢4 海皇覚醒 総まとめ スロット ラグナロクサーガ 総まとめ スロット ガールフレンド(仮) 総まとめ 設定推測ツール スロット 花の慶次4 天を穿つ戦槍 総まとめ スロット バイオハザード リベレーションズ 総まとめ スロット カンフーレディドラゴン 総まとめ スロット 政宗2 総まとめ スロット 仮面ライダーBLACK 総まとめ スロット シンデレラブレイド3 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

2 Responses to “北斗の拳2017 新伝説創造【スロット解析】完全攻略マニュアル”

  1. 匿名 より:

    ポセイドンといい天井遠すぎ。
    今年でスロット引退だな だるい

    • 管理人 より:

      ポセイドンは0Gから天井まで消化するだけで、軽く2時間以上掛かりますからね(苦笑)

      状況が一向に良くならないようであれば、スロットを引退するという選択肢もありだと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ