新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

バイオハザード リベレーションズ【スロット解析】完全攻略マニュアル

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

スロット バイオハザード リベレーションズ 解析CAPCOM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

スロット「バイオハザード リベレーションズ」を楽しんで勝つための解析攻略情報を徹底網羅!

スロット「バイオハザードシリーズ」の新台は、初当たりの軽い純ボーナスを搭載したA+ARTスペックで登場です。

ボーナスがART当選のCZ的な役割を担っているのは、最近の新台では定番化してきたゲーム性ですね。

シリーズお馴染みの上乗せ演出はさらに進化しており、上乗せゲーム数が結合して大量上乗せに繋がることも・・・?!

      <--スポンサード リンク-->

スペック解析

基本情報
導入日 2017年8月7日
タイプ A+ART
ART純増 約2.0枚/G
(※ボーナス込み)
コイン持ち 50枚あたり約34G
コイン単価 約2.6円(※設定1)
設定 ボーナス ART 機械割
1 1/119.6 1/520.0 97.9%
2 1/118.7 1/502.5 98.8%
3 1/117.9 1/449.1 101.3%
4 1/116.2 1/406.3 103.9%
5 1/115.0 1/365.8 106.6%
6 1/113.4 1/347.9 108.1%

ボーナスからARTに繋げるA+ARTタイプ

スロット「バイオハザード リベレーションズ」は冒頭で挙げた通り、軽めのボーナスを足がかりにしてART当選を目指す、最近のA+ARTタイプでは定番化したゲーム性になっています。

コイン持ちは50枚あたり約34Gと至って並ですし、初打ちの段階からゲーム性は把握しやすいと思います。

 

スペックを見て個人的に気になっているのは、高設定域の機械割が抑えられていること。

バイオハザードと言えば機械割119%というイメージが未だに強いんですが、前作からさらに機械割が下がってしまいましたね(苦笑)

ただ、技術介入で機械割(出玉率)が上がるとの情報もあるので、今後の続報に期待しておきましょう(^^)

 

公式PV

天井恩恵

天井G数 1.通常時810G2.ボーナスが14連続でART非当選
恩恵 1.ART当選2.15回目のボーナスでART当選
宵越し 不可

ゾーン振り分け

※調査中

朝一リセット挙動

※調査中

打ち方

※調査中

小役確率

※調査中

設定判別要素

※調査中

 

通常時

スロット「バイオハザード リベレーションズ」の通常時には【戦慄状態】という特殊状態が存在し、滞在中にボーナスを引ければART当選期待度が約47%と優遇されます。

また、【ゴーストリプレイシステム】のおかげで、リプレイ成立後にも状態移行やボーナスに期待が持てる仕様になっています。

そのほか、「ノーマンチャレンジ」なる自力CZを搭載しており、演出成功時には継続率88%の「ノーマンバトル」突入が濃厚です!

ステージ

・「船員居住区/客室/船底/研究施設」の4ステージ。
・「研究施設」はチャンスステージ。

戦慄状態

・滞在中のボーナス当選時は、ART当選期待度が約47%と優遇される特殊状態。

ゴーストリプレイシステム

・見た目上はリプレイでも戦慄状態やボーナスに当選することのあるシステム。
・リプレイ成立後に演出がざわついていたり、強めの演出からリプレイが成立したら要注意。

ノーマンチャレンジ

・20G継続する自力CZで、ART当選期待度は約50%。
・白7揃いを契機にして特殊ART「ノーマンバトル」に当選。

 

ボーナス

通常時のボーナス消化中にはART抽選が行われ、ART中に引いた場合は継続抽選、EXゲーム数上乗せ抽選が行われます。

内容としてはスタンダードで、消化中はチェリー出現が鍵を握ります。

通常時のボーナス終了後には7Gに渡ってART当否が告知されますが、この間にレア小役が成立した場合はしっかりと書き換え抽選が行われるほか、ボーナス当選時にはART当選濃厚となります!

リベレーションズチャンス

・約60枚獲得できる10G継続するボーナス。
・ART当選期待度は約20~47%となっており、ボーナス終了後の7G間の演出でART当否を告知。
※ART中は継続抽選、EXゲーム数上乗せ抽選。
・液晶左上の発展先でART当選期待度を示唆。
⇒「ミッション<バトル(赤)<バトル(紫)<エピソード」
★戦慄状態からのボーナス当選時には、バトル以上からのスタート濃厚。

 

ART

スロット「バイオハザード リベレーションズ」のARTはSTタイプのゲーム性を採用しており、まずは50G以内のパンデミックバトル突入を目指し、バトルに勝利することができればART継続確定といった流れ。

バトルに敗北した場合も残りゲーム数が0になるまでバトル突入抽選が行われており、EXゲーム数を所持している場合はレイドモードのゲーム数が0になってもARTが継続します。

EXゲーム数はバトル勝利後のレイドモード消化中や上乗せ特化ゾーンで獲得でき、当然EXゲーム数が多いほどART継続期待度も高くなります(^^)

 

また、リベレーションズではウロボロスやジュアヴォに代わる、【アビスモード】なるEXゲーム数の上乗せ特化ゾーンを搭載!

結合上乗せが連続で発生した時の感覚は、やみつきになりそうですね(笑)

レイドモード

・1セット50G+α継続するSTタイプのARTで、平均継続率は約65%。
・残りゲーム数が0になるまでにパンデミックバトルへ発展させ、バトルに勝利できればART継続確定。
⇒レイドモードの残りゲーム数0でEXゲーム数を所持している場合は、EXゲーム数が0になるまでART継続。
・ART中はステージによってバトル発生率が変化。
⇒「甲板<雪山<アジト地下室<テラグリジア<研究施設<FBC本部<カジノ」

パンデミックバトル

・約1/16で突入するART継続を掛けた5Gのバトルで、バトル勝利でART継続確定。
・バトル勝利後は残りのゲーム数でEXゲーム上乗せ抽選が行われる。
・平均勝利期待度は約33%(対戦するクリーチャーによって期待度が変化する)。
⇒スキャグデッド:弱点小役はベルで、勝利期待度は約30%
⇒レイチェルウーズ:弱点小役はレア小役で、勝利期待度は約35%
⇒ドラギナッツォ:弱点小役は全役で、勝利期待度は約45%
・武器の種類は「ハンドガン<ショットガン<マシンガン<マグナム<ロケットランチャー」の順で勝利期待度アップ。

ノーマンバトル

・15G継続する特殊ARTで、継続抽選に漏れるまでループする。
・継続率は約81~96%となっており、継続時には展開に応じてEXゲーム数上乗せが発生。

パニックゾーン

・5G継続するEXゲーム数の上乗せゾーン。
★上乗せ成功時には約1/3で「インフェクション」が発生。

インフェクション

・5G+α継続するEXゲーム数の上乗せ特化ゾーン。
・消化中は毎ゲーム約1/2でEXゲームの上乗せが発生。
・平均上乗せゲーム数は約50G。

アビスモード

・初代のウロボロス、前作のジュアヴォモードに代わる上乗せ特化ゾーン。
・消化中は白7揃いの高確率状態となっており、白7が揃う度にEXゲーム数上乗せが発生。
★上乗せ成功時の約1/2で結合上乗せが発生。
・平均上乗せゲーム数は約100G。

フリーズ

※調査中

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


4月17日スロットベスト10 スロット スーパーミラクルジャグラー 総まとめ スロット ギルティクラウン 総まとめ スロット サイコパス 総まとめ スロット リング2 終焉ノ刻 総まとめ 設定推測ツール スロット ハイパーリノ 総まとめ スロット ベントー 総まとめ スロット ケロロ軍曹 総まとめ スロット ドリームジャンボ2 あの興奮をもう一度 総まとめ(修正版) スロット 悪魔城ドラキュラ4 総まとめ スロット アクエリオンEVOL 総まとめ
<--スポンサード リンク-->


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ