新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

バイオハザード リベレーションズ【スロット解析】完全攻略マニュアル

(注目記事)元ホール店長が会社への腹いせに暴露した、設定1でも勝率7割を超えるための3つの鉄則

スロット バイオハザード リベレーションズ 解析©CAPCOM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. ©エンターライズ

スロット「バイオハザード リベレーションズ」を楽しんで勝つための解析攻略情報を徹底網羅!

スロット「バイオハザードシリーズ」の新台は、初当たりの軽い純ボーナスを搭載したA+ARTスペックで登場です。

ボーナスがART当選のCZ的な役割を担っているのは、最近の新台では定番化してきたゲーム性ですね。

シリーズお馴染みの上乗せ演出はさらに進化しており、上乗せゲーム数が結合して大量上乗せに繋がることも・・・?!

      <--スポンサード リンク-->

更新情報

【8/11】設定判別要素に特定ボーナス確率、ドラギナッツォバトル中の高設定確定パターンを追記。
【8/6】中段チェリーの恩恵を追記。
【8/2】設定判別要素、ART終了画面の設定5濃厚パターンを追記。
【7/29】打ち方解説、小役確率解析値を追記。

スペック解析

基本情報
導入日 2017年7月31日
タイプ A+ART
ART純増 約2.0枚/G
(※ボーナス込み)
コイン持ち 50枚あたり約34G
コイン単価 約2.6円(※設定1)
設定 ボーナス ART 機械割
1 1/119.6 1/520.0 97.9~99.0%
2 1/118.7 1/502.5 98.8~99.9%
3 1/117.9 1/449.1 101.3~102.6%
4 1/116.2 1/406.3 103.9~105.3%
5 1/115.0 1/365.8 106.6~108.1%
6 1/113.4 1/347.9 108.1~109.8%

ボーナスからARTに繋げるA+ARTタイプ

スロット「バイオハザード リベレーションズ(BIOHAZARD REVELATIONS)」は冒頭で挙げた通り、軽めのボーナスを足がかりにしてART当選を目指す、最近のA+ARTタイプでは定番化したゲーム性になっています。

コイン持ちは50枚あたり約34Gと至って並ですし、初打ちの段階からゲーム性は把握しやすいと思います。

 

スペックを見て個人的に気になっているのは、高設定域の機械割が抑えられていること。

バイオハザードと言えば機械割119%というイメージが未だに強いんですが、前作からさらに機械割が下がってしまいましたね(苦笑)

ただ、技術介入で機械割(出玉率)が上がるとの情報もあるので、今後の続報に期待しておきましょう(^^)

 

公式サイト・PV

 

公式サイト:BIOHAZARD REVELATIONS|エンターライズ

天井恩恵

天井G数 1.通常時810G
2.ボーナスが14連続でART非当選
★リセット時はボーナスが5連続でART非当選
※CZからのART当選時もスルー回数はリセット
恩恵 1.ART当選
2.15回目のボーナスでART当選
★リセット時は6回目のボーナスでART当選
宵越し 不可(★リセット恩恵あり)

天井狙い目とやめどき

天井狙い目 通常時430G~
ART9連続スルー~
★リセット台はART0スルー~
やめどき ボーナス・ART後の前兆&高確非滞在を確認後

★詳細考察はこちら⇒バイオハザード リベレーションズ 天井恩恵と狙い目・やめどき

 

ゾーン振り分け

スロット「バイオハザード リベレーションズ」は非ゲーム数管理タイプとなっているため、天井を除いた特定のゲーム数で何かしらの抽選が行われるといった仕様はありません。

高確や戦慄状態滞在中の台をゾーン狙い感覚で狙っていくことはできますが、基本的には設定狙いor天井狙いのどちらかで立ち回っていくことになりますね。

 

朝一リセット挙動

スロット「バイオハザード リベレーションズ」の朝一リセット時には、ARTスルー天井が大幅に短縮されるといった恩恵あり!

リセット確定台は6回目のボーナスまでにART当選となるほか、実践値を見ると1~5回目までの当選率も優遇されているため、1スルーからでも積極的に狙っていくことができると思います(^^)

なお、「バイオハザード リベレーションズ」はリセット時にもリールガックンしないため、ガックンチェックによる変更判別は不可能です。

★詳細考察はこちら⇒バイオハザード リベレーションズ 朝一リセット時の挙動

 

打ち方

スロット バイオハザードリベレーションズ 打ち方

【通常時】
1.左リール上段付近に白7狙い。

2.中段チェリー停止時は、中・右リールは適当打ち。
⇒中段チェリー

3.角チェリー停止時も、中・右リールは適当打ち。
⇒2連チェリー・・・弱チェリー
⇒3連チェリー・・・強チェリー
⇒右リール中段にボーナス絵柄orスイカ停止・・・強チェリー

4.上段スイカ停止時は、中・右リールは青BARを目安にしてスイカ狙い。
⇒スイカ揃い・・・スイカ(強弱はなし)
⇒スイカハズレ・・・チャンス目

5.中段スイカ停止時は、中・右リールは適当打ち。
⇒右上がりベル揃い・・・チャンスベル

6.下段白7停止時は、中・右リールは適当打ち。
⇒中段「リプ・リプ・ベル」・・・チャンス目

【ボーナス中】
・予告音発生時は、左リールにチェリーを狙う。

スイカ成立時には中・右リールも目押し

スロット「バイオハザード リベレーションズ」の打ち方は難しくなく、まずは左リールに白7を目安にしてチェリーを狙いましょう!

この時にスイカがスベってこなければ、中&右リールの目押しは要らず、角チェリー停止時は右リールの停止形で強弱を判別することができます。

また、スイカが左リール中段に停止した場合も中&右リールは適当打ちでOKで、ベルが右上がりに揃うことでチャンスベルとなります。

 

上段にスイカがスベってきた場合は、中&右リールは青BARを目安にしてスイカを狙い、スイカがハズレた場合はチャンス目です(^^)

中段「リプ・リプ・ベル」もチャンス目となりますが、成立時にはリールフラッシュが発生するため、見逃してしまうことはないでしょう。

 

小役確率

スロット「バイオハザード リベレーションズ」で出現率に設定差がある小役は、「弱チェリー」と「スイカ」の2役となっています。

ただし、スイカ確率は設定差がないと言ってもいいくらい微量な差なので、設定狙いの際にカウントするのは弱チェリー確率のみでOK。

こちらも極端な設定差ではないため、補助的な設定判別要素と捉えておきましょう。

設定差なし

小役 出現率
リプレイ 調査中
押し順ベル 1/4.9
共通ベル 1/16.0
チャンスベル 調査中
強チェリー 1/682.7
中段チェリー 調査中
チャンス目 1/58.9

設定差あり

設定 弱チェリー スイカ
1 1/65.2 1/100.8
2 1/62.8
3 1/60.7
4 1/58.7 1/100.2
5 1/56.4 1/99.9
6 1/55.0

 

中段チェリー

確率 調査中
恩恵 通常時:エピソードボーナス
ART中:ボーナス+インフェクション

スロット「バイオハザード リベレーションズ」の中段チェリー成立時の恩恵はボーナス+α

通常時であればART当選が確定となる「エピソードボーナス」、ART中であればボーナスに加えて、EXゲーム数上乗せ特化ゾーンである「インフェクション」突入となります。
(※通常時のボーナス中に中段チェリーが出現した場合は、ランクをエピソードまで格上げ)

強力な恩恵とは言いづらいので、中段チェリー成立後も満足した出玉を獲得できずに終わってしまうことは多そうですね(^^;

 

設定判別要素

「バイオハザード リベレーションズ」は先述した通り、弱チェリー確率をチェック。

また、高設定になるにつれ段階的にART確率が優遇されていくため、ARTスルー回数にも注目しておくといいかもしれません。

高設定ほど内部状態移行率は優遇されているでしょうし、CZ「ノーマンチャレンジ」突入率にも設定差が付けられているかもしれませんね。

そして、前作までのようにART終了画面で設定を示唆しており、全員集合(Congratulations!)は設定5以上濃厚パターンと言われています!

特定ボーナス

リプレイ+同色ボーナス
設定 リプレイ+
赤同色
リプレイ+
青同色
合算
1 1/8192.0 1/8192.0 1/4096.0
2 1/5461.3 1/3276.8
3 1/6553.6 1/4681.1 1/2730.7
4 1/3855.1 1/5957.8 1/2340.6
5 1/5041.2 1/3449.3 1/2048.0
6 1/2730.7 1/4096.0 1/1638.4

スロット「バイオハザード リベレーションズ」は、リプレイと同色ボーナスとの重複確率に設定差あり。

ただ、現状は単独ボーナスの有無が判明していないため、レア小役以外のボーナス当選を確認できるほど高設定のチャンスかも・・・くらいに捉えておけばいいでしょう。

設定確定パターン

【ART終了画面】
★全員集合=設定5以上濃厚

【ドラギナッツォバトルでのART告知発生ゲーム数】
★ラスト4Gで撃破=設定4以上確定
★ラスト5Gで撃破=設定5以上確定
★ラスト6Gで撃破=設定6確定
※次ゲームでボーナスが告知された場合は例外

設定 ラスト6G ラスト5G ラスト4G
1~3
4 5.1%
5 1.1% 4.0%
6 0.9% 1.3% 3.0%
設定 ラスト3G ラスト2G ラスト1G
1~3 7.5% 17.5% 22.5%
4 6.4% 16.5% 21.5%
5
6
設定 ラスト0G 復活
1~3 40.0% 12.5%
4 39.0% 11.5%
5
6

ドラギナッツォバトルのART当選告知ゲーム数は、設定によって異なります。

ラスト4Gは設定4以上、ラスト5Gは設定5以上、そしてラスト6Gは設定6のみ選択される可能性があり、ラスト3G以降の選択率にはほぼ差がありません。

設定5以上が確定した場合は、迷わず設定狙いで全ツッパできますね(^^)

ただ、対象となるのはART当選告知で、ボーナス告知は例外となる点に気をつけてください。

★あなたが設定狙いで結果を出せていない場合のみ参考にしてみてください
設定期待度を一発表示!高性能の設定推測ツール

 

通常時

スロット バイオハザードリベレーションズ 戦慄状態

スロット「バイオハザード リベレーションズ」の通常時には【戦慄状態】という特殊状態が存在し、滞在中にボーナスを引ければART当選期待度が約47%と優遇されます。

また、【ゴーストリプレイシステム】のおかげで、リプレイ成立後にも状態移行やボーナスに期待が持てる仕様になっています。

そのほか、「ノーマンチャレンジ」なる自力CZを搭載しており、演出成功時には継続率約81~96%のプレミアムART「ノーマンバトル」に突入します!

ステージ

・「船員居住区/客室/船底/研究施設」の4ステージ。
・「研究施設」はチャンスステージ。

戦慄状態

・滞在中のボーナス当選時は、ART当選期待度が約47%と優遇される特殊状態。
・筐体が赤く点灯すれば戦慄状態移行のサイン。

ゴーストリプレイシステム

・見た目上はリプレイでも戦慄状態やボーナスに当選することのあるシステム。
・リプレイ成立後に演出がざわついていたり、強めの演出からリプレイが成立したら要注意。

ノーマンチャレンジ

・20G継続する自力CZで、ART当選期待度は約50%。
・白7揃いを契機にして特殊ART「ノーマンバトル」に当選。
・レア小役やボーナス成立時にも、ノーマンバトル突入抽選が行われる。

 

ボーナス

スロット バイオハザードリベレーションズ ボーナス

通常時のボーナス消化中にはART抽選が行われ、ART中に引いた場合は継続抽選、EXゲーム数上乗せ抽選が行われます。

内容としてはスタンダードで、消化中はチェリー出現が鍵を握ります。

通常時のボーナス終了後には7Gに渡ってART当否が告知されますが、この間にレア小役が成立した場合はしっかりと書き換え抽選が行われるほか、ボーナス当選時にはART当選濃厚となります!

リベレーションズチャンス

・約60枚獲得できる10G継続するボーナス。
・ART当選期待度は約20~47%となっており、ボーナス終了後の7G間の演出でART当否を告知。
※ART中は継続確定前なら継続抽選、継続確定後ならEXゲーム数上乗せorインフェクション抽選。
・液晶左上の発展先でART当選期待度を示唆。
⇒「ミッション<シングルバトル<タッグバトル<エピソード」
★戦慄状態からのボーナス当選時には、シングルバトル以上からスタート。

 

ART

スロット バイオハザードリベレーションズ パニックゾーン

スロット「バイオハザード リベレーションズ」のARTはSTタイプのゲーム性を採用しており、まずは50G以内のパンデミックバトル突入を目指し、バトルに勝利することができればART継続確定といった流れ。

バトルに敗北した場合も残りゲーム数が0になるまでバトル突入抽選が行われており、EXゲーム数を所持している場合はレイドモードのゲーム数が0になってもARTが継続します。

EXゲーム数はバトル勝利後のレイドモード消化中や上乗せ特化ゾーンで獲得でき、当然EXゲーム数が多いほどART継続期待度も高くなります(^^)

 

また、リベレーションズではウロボロスやジュアヴォに代わる、【アビスモード】なるEXゲーム数の上乗せ特化ゾーンを搭載!

結合上乗せが連続で発生した時の感覚は、やみつきになりそうですね(笑)

レイドモード

・1セット50G+α継続するSTタイプのARTで、平均継続率は約65%。
・残りゲーム数が0になるまでにパンデミックバトルへ発展させ、バトルに勝利できればART継続確定。
・ART中はステージによってバトル発生率が変化。
⇒「甲板<雪山<アジト地下室<テラグリジア<研究施設<FBC本部<カジノ」

パンデミックバトル

・約1/16で突入するART継続を掛けた5Gのバトルで、バトル勝利でART継続確定。
・バトル勝利後は残りのゲーム数でEXゲーム上乗せ抽選が行われる。
・平均勝利期待度は約33%(対戦するクリーチャーによって期待度が変化する)。
⇒スキャグデッド:弱点小役はベルで、勝利期待度は約30%
⇒レイチェルウーズ:弱点小役はレア小役で、勝利期待度は約35%
⇒ドラギナッツォ:弱点小役は全役で、勝利期待度は約45%
・武器の種類は「ハンドガン<ショットガン<マシンガン<マグナム<ロケットランチャー」の順で勝利期待度アップ。

エクストラゲーム

・バトル未勝利のまま50G消化し、右下のEXゲームが残っていれば突入。
・残りゲームを消化するまでにバトルに勝利できればレイドモードに復帰する。
★余ったゲーム数は次回に持ち越す。

パニックゾーン

・最大5G継続するEXゲーム数の上乗せゾーン。
・フリーズ発生で10G以上のEXゲーム数を上乗せorインフェクション突入。
★インフェクションはパニックゾーン成功時の約1/3で突入する。

インフェクション

・5G+α継続するEXゲーム数の上乗せ特化ゾーン。
・消化中は毎ゲーム約1/2でEXゲームの上乗せが発生。
・平均上乗せゲーム数は約50G。
★EXゲーム上乗せ時の約1/5で結合フリーズが発生。

アビスモード

・初代のウロボロス、前作のジュアヴォモードに代わる10G+α継続する上乗せ特化ゾーン。
・消化中は白7揃いの高確率状態となっており、白7が揃う度にEXゲーム数上乗せが発生。
★上乗せ成功時の約1/2で結合上乗せが発生。
・平均上乗せゲーム数は約100G。

ノーマンバトル

・1セット15G継続する特殊ARTで、継続抽選に漏れるまでループする。
・継続率は約81~96%となっており、継続時には展開に応じてEXゲーム数上乗せが発生。

 

終了画面

★全員集合(Congratulations!)=設定5以上濃厚

シリーズ恒例の示唆要素

スロット「バイオハザード リベレーションズ」も前作までのようにART終了画面で設定を示唆しており、全員集合(Congratulations!)が出現すれば設定5以上濃厚と言われています。

設定5の機械割は106.6%以上となっているため、確認できれば設定狙いで全ツッパできますね(^^)

フリーズ

※調査中

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が会社への腹いせに暴露した、設定1でも勝率7割を超えるための3つの鉄則


スロット新台導入日(修正版) スロット 北斗の拳 新伝説創造 総まとめ スロット イノキロードトゥゴッド 総まとめ スロット 花の慶次4 天を穿つ戦槍 総まとめ スロット 仮面ライダーBLACK 総まとめ 設定推測ツール スロット 戦国乙女 Aタイプ 総まとめ スロット 笑うセールスマン3 総まとめ スロット AKB48 勝利の女神 総まとめ スロット シンデレラブレイド3 総まとめ スロット ゴルゴ13 総まとめ スロット 地獄少女2 宵伽 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

4 Responses to “バイオハザード リベレーションズ【スロット解析】完全攻略マニュアル”

  1. 匿名 より:

    本日ノーマンバトル33連で30Gのエンディング(スタッフクレジット)が付いて来ました条件が何連かは分かりませんが。。。

    • 管理人 より:

      実戦コメントありがとうございます!

      おおっ、ノーマンバトルが規定連チャン数を超えるとエンディングが発生するのですね(゜□゜!!

      ハッキリとした解析が判明すれば、条件は追記します(^^)

  2. とさっ子 より:

    本日通常からリベレーションズチャンス当選、消化後の5ゲームのART抽選にも当選して、ARTスタンバイ中に中段チェリー降臨、次ゲームで全部が青絵柄のリベレーションズチャンス揃えて、その消化後に直ぐにART始まり継続抽選も当たらず、ラスト1ゲームで、レバーオン時にEXゲームが55ゲーム表示されました。EXゲーム55ゲームが中段チェリーの恩恵かな?

    • 管理人 より:

      とさっ子さん、実戦コメントありがとうございます!

      準備中の中段チェリー成立後の恩恵は、同色ボーナスに加えてEXゲーム数上乗せ55Gでしたか(゜□゜!!

      詳しい恩恵が判明すれば改めて追記しますが、上乗せゲーム数が一定ではない可能性もありそうですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ